Mail
 ナビゲーション リンクのスキップ

マニュアル(Access版)

1.CDフォーム

データベースファイルを開くと「CDフォーム」が自動的に開きます。
※セキュリティの設定によっては自動的に開きません。手動で開いてください。
全ての作業はこのフォームを中心に行います。
新しくデータを追加したい場合は下図の丸印のボタンを押してください
CDフォーム

2.CDの追加

最初に必ず番号を入力します。
番号は使われていない番号であれば何でもOKですが、レコード番号と一緒にしておけば良いでしょう。
番号を入力した後は、CD名、レーベル、値段を入力してください。
CDフォーム

3.情報の追加

収録されている曲を追加したい場合は「収録曲追加」ボタンを押します。
「曲選択フォーム」が開かれるので、作曲家を選択して、曲名を選択してください。
録音年月日がわかっている場合は、入力してもかまいません。
入力し終わったら、丸印のボタンを押してください。
2曲以上収録されている場合は、続けて入力することも可能です。
※作曲家や曲名が選択肢の中に無い場合は、「テーブル保守」の「作曲家」「レーベル」で追加してください。

オケ・合唱団を入力する場合もほぼ同様です。
※オケ・合唱団が選択肢の中に無い場合は、「テーブル保守」の「オケ・合唱団」で追加してください。

演奏者を追加する場合も同様です。
最初に楽器(声域も楽器にしちゃっています)を選択して、演奏者を選択してください。
オペラなどで役についている場合は役を入力することもできます。
※楽器、演奏者が選択肢の中に無い場合は、「テーブル保守」の「楽器」「演奏者」で追加してください。

4.テーブル保守

追加したいデータが無い場合、間違ったデータを修正したい場合は「テーブル保守」で追加/修正します。
例として「曲入力フォーム」を紹介しますが、他の場合も同じです。
最初にIDを入力します。
使われていない番号であれば何でもOKです。
引き続きその他のデータを入れてください。
生年月日、没年月日は「YYYY/MM/DD」形式で入力しないと、エラーになります。
※注意 IDが0のデータ(名前が「--------」になっているデータ)は絶対に更新しないでください。もし更新してしまった場合は、IDが0のデータを入れなおしてください。

5.検索

CDの検索をしたい場合は、「検索」ボタンを押して「検索フォーム」を開きます。
下の例はカラスがジルダ役のCDを検索した場合の例です。
演奏者と役の欄にそれぞれ、カラスとジルダを入力し、「検索開始」を押すと、「検索結果」に該当するCDが表示されます。
「検索結果」をクリックすると、CD詳細の欄にそのCDの情報が表示されます。
文字列の一部しかわからない場合はワイルドカードが使えます。
例えば「ショスタコーヴィチ」を調べたい場合は「ショスタコ*」でも検索できます。
「シュ*」と指定すると、シューマンやシューベルト、シュトラウスなどの曲が検索できるはずです。
検索条件はAND条件です。

6.その他

最初に作曲家のデータや曲のデータや演奏者のデータを入力するのは結構大変です。
面倒くさければ、サンプルからCDの情報だけ削除して使用すると良いと思います。
CDを削除するには「テーブル保守」の「CD一覧」を押して、CD一覧を表示し、全て選択して右クリック押して、レコードの削除を選んでください。
Accessファイルは油断をするとすぐに大きくなります。
できるだけ最適化しましょう。(Accessには閉じるときに自動的に最適化するオプションがありますので、付けておくと良いと思います。)