Mail
 ナビゲーション リンクのスキップ

コンサート雑感

 日付タイトル
選択2009年04月12日新国立劇場 ワルキューレ
選択2008年10月13日新国立劇場 トゥランドット
選択2008年08月31日サイトウキネン 利口な女狐の物語
選択2008年07月26日パリ国立オペラ アリアーヌと青ひげ
選択2008年06月28日二期会 ナクソス島のアリアドネ
選択2008年06月21日日本フィルハーモニー 第601回 東京定期演奏会
選択2008年06月14日東京交響楽団 川崎名曲全集 第38回
選択2008年06月08日新国立劇場 椿姫
選択2008年05月31日日本フィルハーモニー 第600回 東京定期演奏会
選択2008年05月10日新国立劇場 軍人たち
12345
2009年04月12日
新国立劇場 ワルキューレ

プレミアが2002年ということなので、最初に見てから7年の月日が経過しているのだが、何度見ても面白い演出だ。
三幕の緊急治療室に見立てたバルハラも、プレミアの時に見た衝撃こそ無いものの、よく考えたものだと思う。
二幕のフンディングの登場シーンも、マジンガーZのようで、思わずニヤリとしてしまう。

キース・ウォーナの演出では、この「ワルキューレ」以降、大きな赤い矢印はヴォータンの計画を象徴し、緑の矢印はヴォータンの計画に対する障害を象徴している。
そう考えると、フンディングの家に草のように生えている緑の矢印は、単なる草ではなく、フンディングの存在がヴォータンの計画の障害になることを暗示していたことに気がついた。
全編を見てから、改めて見ると、新たな発見があるのも楽しい。

歌手の中では、ジークリンデのマルティナ・セラフィンが抜群に素晴らしかった。
何とも気品のある歌手で、「ばらの騎士」元帥夫人、「フィガロ」伯爵夫人などの貴族の役が多いのも納得。
声量も他の歌手と比べて抜きんでていて、ブリュンヒルデのユディネット・ネーメットや、ジークムントのエンドリック・ヴォトリッヒは可哀そうだった。
特にジークムントは後半バテバテだったが、それでも十分良い出来で、マルティナ・セラフィンが良い出来だったということだと思う。
マルティナ・セラフィンに音量でヒケを取らなかったのは、唯一クルト・リゲル。
聞くのはオックス男爵で来日して以来で、少なくとも声量ではジークムントを圧倒していた。

この日は午前中は立川で仕事。
昼に初台に移動して、見終わったらまた立川に戻って仕事と、まあ本当に忙しい日だった。