Mail
 ナビゲーション リンクのスキップ

9.第二正規化・第三正規化

★第二正規化

第一正規化は分かりやすいのですが、第二正規化、第三正規化は、今ひとつわかりにくいのです。
第二正規化の説明はこうです。
「主キーとなる列の値が決まれば、他の列の値が決まるようにテーブルを分割した状態」

収録曲テーブルに焦点をあてましょう。
曲が決まれば、必ず作曲家が決まります。作曲家の国籍や生年月日も同様です。
ですので、第二正規化の段階では、収録曲テーブルと作曲家テーブルは分ける必要がないのです。

★第三正規化

第三正規化の説明はこうです。
「主キーとなる列以外の値によって、他の列の値が決まることがない状態にテーブルを分割した状態」
この段階で、収録曲テーブルは分割が必要になります。
例えば作曲家生年月日は、主キーではない作曲家に依存するからです。

収録曲テーブルは、2つに分割されます。

☆収録曲テーブル改2
収録曲番号 曲名 作品番号

☆作曲家テーブル(復活)
作曲家番号 作曲家名 国籍 生年月日 没年月日

★最終形

これで、正規化は終わりです。
専門的には、第四正規化、第五正規化・・・とあるのですが、一般的には第三正規化までで充分ということになっています。
最終形は、以下のようになりました。

☆CDテーブル
CD番号 名前 値段 レーベル

☆作曲家テーブル
作曲家番号 作曲家名 国籍 生年月日 没年月日

☆ソリストテーブル
ソリスト番号 ソリスト名 国籍 楽器 生年月日 没年月日

☆合唱団テーブル
合唱団番号 合唱団名 国籍

☆指揮者テーブル
指揮者番号 指揮者名 国籍 生年月日 没年月日

☆収録曲テーブル
収録曲番号 曲名 作品番号